水素水で疲労物質を取り除く

疲れ

水素水は疲れているときに飲むほど効果的です。
では、疲労とはどのようなことが起こって、疲労を感じるのでしょうか?
またその疲労を取り除くには、水素水はどのように作用しているのでしょうか?

・エネルギーと疲労の関係。

人間は生きていくために、エネルギーは必要不可欠なものです。
心臓を動かすためにも、エネルギーは必要です。
また呼吸をしないと死んでしまうのは、このエネルギーを生み出すのに呼吸で酸素を補給しているからです。
酸素を使い、細胞のミトコンドリアで、エネルギーを作り出しているから生きていけます。
このエネルギーを作るときにできる物質が、活性酸素です。

体を使う時や、脳を使う時にはエネルギーを必要としますがオーバーワークなどが原因で、大量のエネルギーを生み出すと大量に酸素を消費した結果活性酸素も大量にできてしまします。
活性酸素の中でも、ミトコンドリアの質の低下や、急な負担が起こったときにできやすくなる悪玉のヒドロキシルラジカルという、非常に酸化力の強い活性酸素が出来てしまいこの活性酸素が、遺伝子や細胞を傷つけます。
その結果、細胞がうまく働かなくなり体や脳もパフォーマンスが低下してしまいます。この状態が疲労です。

疲労したときには、「疲労物質(FF ファティーグ ファクター)」が体内に増加します。
これはたんぱく質の一種で、活性酸素のダメージを受けた細胞からでる老廃物に誘発されて作られてしまいます。
疲労が起こると、脳にサインを送り、「疲労回復物質(FR ファティーグ リカバリーファクター)」が細胞の修復を行うというシステムが働いています。
一晩寝ると疲れが取れるというのは、この睡眠中に最も細胞の修復が行われやすいからです。
この疲労回復物質は、年齢と共に反応が悪くなり、翌日にも疲れが残るというようになります。

そもそも疲労物質が作られてしまうのを避けるには、活性酸素、悪玉の活性酸素をなくせばよいということです。
水素水は、悪玉の活性酸素に特別に作用し、活性酸素と結びつき、水になり副作用もありません。
活性酸素が細胞を傷つけることを食い止めてくれる結果、疲労物質(FF)を出来にくくする効果があります。
疲労回復には、水素以外のものも多くありますが、血液の流れに乗って運ばれるため、時間がかかりますが水素は体を駆け巡る速さが、どのような薬よりも早く駆け巡ることが可能です。
水素は細胞にも直接浸透できるほど分子が小さいので、疲労回復の効果に即効性があるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

水をのむ

2015.8.11

水素水の驚くべき効果とは!

水素水には驚くべき多くの効果があり、今注目されています。 ・水素水の抗酸化作用。 水素水に含まれる水素は私達の体にどういう良い効果をしてく…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る