パーキンソン病に効果的な水素水

悩む

・パーキンソン病とは。

パーキンソン病は、日本では難病に指定されている病気で、脳内でドーパミンを作る、黒質という所の障害で
ドーパミンの不足がおこります。
ミトコンドリアの機能障害、酸化ストレスなどが原因ではないかと言われています。
集中力、注意力、記憶力がわるくなり、動作が緩慢になり、手足の震え、筋肉が硬くなっていく進行性の病気です。
中高年で発症し稀に若年でも発症します。
治療には基本的に薬物療法を行いますが、長期に薬を投与した場合には、幻覚が生じるという副作用もあります。

・水素水をパーキンソン病患者に使用。

順天堂大学は、パーキンソン病治療におけるパイオニアで、パーキンソン病に水素水を使っています。
パーキンソン病は、活性酸素による酸化的ストレスが関与しており、水素の抗酸化作用から
水素水が酸化的ストレスを取り除く作用があるのではないかということから
水素水を1日1リットル(1.6PPM)を飲んでもらうという実験が始められました。
9名にはただの水、9名には水素水を飲む実験で48週にわたって与え続けた結果
水素水は、パーキンソン病の症状の改善効果があることが証明されました。

この結果より、全国の他の大学にも広く協力を仰ぎ、5ppmの水素の含まれた水素水を
1リットル飲むという実験が進められており、72週間という長期の実験が進められています。

動物実験においても、水素水は脳神経障害を抑える効果が出ました。
パーキンソン病に使われる治療法に不足したドーパミンに対する薬物療法には副作用がありますが
水素水は、副作用がなく、過剰に摂った場合にも気体として排出されるので問題がありません。

パーキンソン病では自律神経障害がおこり、便秘の症状から始まることは珍しくありません。
汗が出にくくなり、たちくらみ、低血圧、むくみなどが起こります。
これらの不快症状に対しても、水素水は効果があります。

研究対象や、治療に水素水を1リットル飲むという方法がとられていますが
水素ガスを吸入という方法でも効果があるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サプリメント

2015.8.28

知っていますか?水素水と水素サプリメントの違い

水素水が注目されていますが、いろいろな商品があり、化粧品などもあります。 水そのもの水素水と、サプリとはどのような違いがあるのでしょうか。 …

最近のコメント

    ページ上部へ戻る