週刊文春での水素水の評価は?

水素水についての週刊文春の記事では、水素水がインチキであるかどうかの水素水論争に触れています。

・週刊文春 2013年 2月28日の記事について

タイトルは

夢のアンチエイジング商品
水素水論争に最終結論!
誌上実験でわかった「本物」と「偽物」

という内容で水素水の第一人者でもある、太田教授のご協力をいただき太田教授の実験室に於いて、数ある水素水の商品の含有水素の測定を行いました。

水素水、または水素のサプリは、週刊文春が選び、大手通販サイト、メーカーのホームページで購入しどの商品も同じ時期に注文し、商品がそろった時点で一斉に計測しています。
水素水は、開封後水素が抜けてしまう性格があるので、開封後すぐの測定を行っています。

念のため週刊文春が持ち込んだ水素測定器と、太田教授の研究室にある、測定器の2つを同時に使い測定を行いましたが、2つの結果に大きな違いはなく、ほぼ同じ結果が出ています。

・水素含有量の測定結果は?

9つの水素水を選び測定した結果濃度が高く出たのは、アルミパウチに封入された
「水素たっぷりのおいしい水」「高濃度ナノ水素水スパシア」「ナノ水素水キヨラビ」
の3つが水素濃度が高くこの水素水は、太田教授も太鼓判を押す水素水です。

アルミ缶タイプのものは商品により違いが出ました。
また測定時には高濃度でも、時間がたつとどうしても水素が抜けてしまうようです。

全く水素を検出できなかったのは、ペットボトルタイプのもので、太田教授はシンポジウムでもペットボトルの水素水は水素がペットボトルの素材よりも分子が小さいために、時間の経過とともに抜け出てしまうので水素水とは言えないと指摘しています。

サプリの水素の測定は、サプリを摂ると体内でどのくらい水素が発生しているのかが問題となるためアルミパウチの容器に37℃の温度の状態で48時間水の中に入れた後に、60mlの空気を加え2時間ゆすった結果ガスクロマトグラフィーで水素濃度を計測した結果サンゴカルシウムのサプリは、ほとんど水素が含まれていませんでした。

・水素の効果がインチキというよりは、どのような水素水を選ぶかが問題

実際に医療現場でも、水素を使った研究結果が次々発表されており糖尿病、ガン、リウマチ、パーキンソン病等多くの改善効果の発表についても
週刊文春の記事で触れています。

週刊文春の測定結果から、わかることは水素水ブームに便乗した、あまり水素の事を理解していないメーカーが作った水素水を飲んでいたりサンゴカルシウムのサプリをのんでいると水素自体が含まれていないため、効き目がないのも、当然で、それを知らずにインチキであるという口コミが起こっているようです。
水素水を選ぶときに、本当に水素が入っているのか、調べる必要があるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サプリメント

2015.8.28

知っていますか?水素水と水素サプリメントの違い

水素水が注目されていますが、いろいろな商品があり、化粧品などもあります。 水そのもの水素水と、サプリとはどのような違いがあるのでしょうか。 …

最近のコメント

    ページ上部へ戻る