あなたの水素水の溶存濃度は何ppm?

水素水

水素水の溶存濃度について

水素水とは、水に水素を溶かしてあるのですが、水に溶ける水素の量は決まっておりいわゆる、「飽和水素水」は何の圧力もかかっていない状態で、最も濃い濃度の水素水は1.6ppmが最も濃い水素水です。
(ppmとは百万分のいくらかという値)
水素水のを商品として作っている工場では圧力を加えてこの1.6ppm以上にするという工夫をしているメーカーなどもあるようです。

水素シンポジウムでは、0.8ppm以下のものは、水素水として認めていません。
がこの値は、あくまでも最低限の値で、決してすぐれた水素水ではないということです。

この濃度を測定するのに使われるのがメチレンブルーという試薬です。
これは安価で手に入れることができます。機械を使う測定方法もありますが簡単に家庭でも使えます。
液体を一滴ずつ落としていきなん滴で透明になるかで分かります。
1滴が0.1ppmですので、8滴で透明になる程度ならば何とか大丈夫ということです。

・どのくらいの水素が入っていればよいのか。

シンポジウムで、0.8ppm以上の水素水ならば効果があると言われていますが各個人により、その差はあるようで、少量でも効果のある人もあるようです。
でも医療現場で使われているものは0.8pp以下の水素水は使われていません。

本当に効果がある水素水は、0.8ppm以上ということになります。

水素水を購入するときに、アルミパウチの水素水を購入すれば間違いはないと思われますが効き目が疑わしい場合、メチレンブルーで測定されることをお勧めします。

また、ペットボトルの水素水は、工場では水素の含まれたものであったとしても時間がたてば、水素がなくなります。
またアルミ缶のもので、キャップのものは、どうしてもキャップのあいだからぬけでてしまうようです。
アルミパウチのものでも、一部にプラスチックが使われていたりするとぬけ出る可能性もあります。
アルミパウチでも、レトルト食品のように、空気が入らずすっかり密封したものが良いようです。

水素水サーバーも、メーカーによっては、あまり水素が含まれていない可能性もあるので気になる場合は、メチレンブルーで、その製造された水素水を測定するようにしましょう。

水素サプリも手軽で良いのですが、サプリによると、全く水素の発生しないものがありサンゴカルシウムのものは、測定してみた結果、全くと言ってよいほど水素が含まれていませんでした。
マグネシウムものを選ぶようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

水をのむ

2015.8.11

水素水の驚くべき効果とは!

水素水には驚くべき多くの効果があり、今注目されています。 ・水素水の抗酸化作用。 水素水に含まれる水素は私達の体にどういう良い効果をしてく…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る